オフィス移転・リニューアルからオフィスセキュリティ、ネットワーク通信機器、コピー・複合機・FAX、オフィス用品までオフィスのことならワンストップでお答えします
HOME > オフィスレイアウト・内装設計

オフィスレイアウト・内装設計

オフィスレイアウト・内装設計

お客様が抱える現状のオフィスの問題点を抽出し、新しいオフィスのコンセプトを明確化します。そのコンセプトに基づき、オフィスレイアウト、エントランスデザインをご提案します。
また、運搬業務だけでなく、現状調査、レイアウトプラン、什器の解体・組立、内装や移転の実施作業からアフターサービスにいたるまで繁雑な作業をダイヤオフィスシステムが一括管理します。

ゾーニング・動線プラン

ゲスト、社員、宅配業者等の動線のうち、特にゲストと宅配業者の動線が重ならないようにプランを作成・提案します。そのプランを基にオフィスレイアウトのベースになる個室スペース、ワークスペースなどの配置を決めていきます。

また、オフィスのセキュリティ計画 もこの段階で検討します。

レイアウト作成

具体的な会議室の数や、その他個室、執務エリアについてヒアリングを行い、設備、ネットワークを絡めたオフィスレイアウトを作成します。
オフィスレイアウト作成後、運用方法やメリット・デメリットを具体的に説明します。


 【レイアウト(例)のポイント】
メリット   デメリット

受付までのアプローチが短い。
   ←受付動線へのストレスが低い

受付から繋がる・会議室などが窓に面していることで、広がりを感じる。
   ←個室の閉塞感が緩和される

社員のトイレ動線などが、ゲストとバッティングする事は比較的少ない。
  ←通路利用のストレスが低い

 社員同士が見渡せる、ほぼ長方形な執務エリアゾーニング。
   ←コミュニケーション活性化

 図中左の会議室利用においての人の出入り。
  ←執務中に気になる可能性

 ゲストのトイレ動線がやや長い。
  ←利用の際気にならないか


【レイアウト(例)】


イメージ作成

CGなどの三次元パース等を用いて、各エリアを立体的に描きます。
イメージが具体化され、実際に配置する家具の選定がしやすくなります。

【各エリアイメージ(例)】

受付エリア 会議室 会議室
応接室
執務エリア 打合せエリア 打合せエリア

什器選定、内装スペック決定

これまでの打合せの中である程度イメージされた素材や色合いなどから実際に家具、内装を決定していきます。
また、選んだ家具を実際に確認するためにショールームへのご案内もいたします。

綿密な打合せを繰り返し、お客様の求めているオフィスに近づけていきます。

※オフィスセキュリティ計画

ゾーニングで決定した動線に基づいてセキュリティ対策をご提案します。
入退室管理システムなどの物理的対策やPCログオンシステムセキュアプリントを含めたネットワークセキュリティによる技術的対策を決定します。

【お問い合わせ】 第一営業本部 営業三部 03-3215-7857
お問合せ一覧はこちら お問合せフォームはこちら
 
 

 

Copyright © DIA OFFICE SYSTEMS CORPORATION All Rights Reserved.